• ねずみ駆除の殺鼠剤を使った方法

    ねずみ駆除をする際は、殺鼠剤を使った方法が有効的です。ただし、ただやみくもに殺鼠剤を設置するのではなく、上手に設置することでより効率的にねずみ駆除をすることができるようになります。


    そこで、まずポイントとなってくることとしては、殺鼠剤を設置するときは、ネズミの餌場に仕掛けるということがポイントとなってきます。
    基本的には、台所などが餌場になっていることが多いので、台所に殺鼠剤を設置します。

    日本経済新聞に関する情報をまとめました。

    中には、天井に鼠がいると考えて、天井に殺鼠剤を設置する人もいますが、天井に設置しても餌場ではないので食べないことが多いです。

    コウモリの退治の情報が沢山詰まったサイトです。

    2つ目のポイントとしては、一度殺鼠剤を設置したら、たとえ食べた形跡がなかったとしても、しばらくは動かさないようにすることがポイントとなってきます。

    ねずみは警戒心が強いので、簡単に食べようとはしません。

    しかし、しばらく放置しておくことによって、食べるようになります。



    ただし、一週間以上食べた形跡がなければ、他の場所を検討した方がよいでしょう。


    3つ目のポイントとしては、被害が出た場所やたまに見かけるような場所に一か所だけではなく、複数に分散して殺鼠剤を設置するということがポイントになってきます。

    一か所だけに設置している場合、警戒されて食べられない可能性がありますが、複数設置する方法であれば、殺鼠剤を食べる確率が高まります。

    4つ目のポイントとしては、殺鼠剤だけではなく、粘着剤を併用するという方法があります。

    殺鼠剤を食べたねずみは警戒心が薄くなる傾向にあるので、粘着剤に引っかかる確率が高くなり、ねずみ駆除の効率が高くなります。